日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2016年07月25日 お知らせ

IMB発表/海賊等の事案報告件数がここ21年間で最少

IMB発表/海賊等の事案報告件数がここ21年間で最少
国際商工会議所の国際海事局(IMB)が最新の報告によると、西アフリカ沖における誘拐事案の増加はあるものの、2016年上半期の海賊及び海上の武装強盗の件数は98件と1995年以来最少となったと発表。2015年同時期には134件、また、最も多かった2010年や2003年は年間で445件を記録した。一方、誘拐事件数は増加しており2016年は44人の乗組員が身代金目的で捕えられた。このうち24人はナイジェリアにおける数であり、2015年の10人から増加している。インドネシアにおいては、セキュリティを強化した指定錨地の導入により、錨泊船舶への窃盗件数が2016年上半期は24件となり2015年同時期の54件から減少した。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP