日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2017年10月17日 お知らせ

IMB発表/第3四半期の海賊報告書

IMB発表/第3四半期の海賊報告書
国際商工会議所(ICC)の国際海事局(IMB)が本年第3四半期の海賊報告書を発表したところその概要は以下のとおり。2017年初めから9月末までに海賊・武装強盗事件は合計で121件発生し前年同期比で減少。具体的には、9ヶ月間で92隻の船舶が海賊によって乗船され、13隻が銃撃を受け、そのほかに11件の未遂事件があり、5隻が乗っ取られた。犯罪の被害状況別でみると、80人の船員が襲撃時に人質となり、うち49人が誘拐された。襲撃時等に負傷した船員が3人、死亡した船員が2人となっている。第3四半期においては、ソマリア沖では新たな事故は発生しなかったが、ナイジェリア沖のギニア湾は依然として危険で、また新たな危険海域としては、ヴェネズエラ沖での攻撃が対前年比急増している。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP