日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2014年08月21日 お知らせ

IMB警告/貨物移動管理システムへのサイバー攻撃

IMB警告/貨物移動管理システムへのサイバー攻撃
国際海事局(IMB)は、貨物の移動管理システムをサイバー攻撃から守るために強化する必要があると警告。ITシステムの盗難、詐欺対策が強化されている反面、サイバー犯罪には脆弱であるとしている。ロンドンで開催された「TOC Container Supply Chain Europe Conference」で保険会社TTクラブは、ハッカーはソーシャルネットワークを利用し頻繁に移動するトラックドライバー、作業員を追尾し、通常経路を突き止め、ターミナルからコンテナをリリースするためのパスワードや配達指示などを盗んでいるとしている。また、つい最近まで、港湾やターミナルは産業用制御システムに管理され、サイバーセキュリティーに対応する情報セキュリティー担当者(CISOs)でなく、効率や安全性に焦点を当てるエンジニアにより管理されていたことを指摘している。その結果、社内のサイバーセキュリティー対策が海事管理システムに反映されていなかったとしている。アドバイザリー企業KPMGは、効率性と安全性を保ちつつ産業用制御システムと社内のITセキュリティー基準のギャップを埋める対策が不可欠だとしている。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP