日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2017年05月04日 お知らせ

IMB/2017年第一四半期の海賊事件に関する報告書を発表

IMB/2017年第一四半期の海賊事件に関する報告書を発表
国際商工会議所(ICC)の国際海事局(IMB)が2017年第一四半期の海賊報告書を公表。該期間中に前年と比べて微増の、43隻の船舶が海賊の攻撃を受け、58人の船員が人質に取られた。ナイジェリア沖と2月に2名の船員が殺害されたフィリッピン南方海域を海賊多発地域としているほか、インドネシアでは停泊中の船舶からの軽微な窃盗事件が多発している。ソマリア沖では2012年5月以来鎮静化していた海賊事件が発生し、2隻の船舶が実際に乗っ取られた。世界全体では、海賊が乗船に成功した事例が33件となっている。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP