日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2012年01月03日 お知らせ

IMO発表/関水体制スタート。海賊担当特別代表を任命

IMO発表/関水体制スタート。海賊担当特別代表を任命
国際海事機関(IMO)の事務局長に1月1日就任した関水康司氏が、IMO事務局の新体制を発表。海賊対策を担当する事務局長特別代表としてハートマット・ヘッセ氏を任命し、IMOが進めるジブチ行動指針や各種会合の責任者に位置付ける。既存のポストでは、事務局次長のアンドリュー・ウィンボウ氏を海上安全部長に任命。海洋環境部長にはステファン・ミカレフ氏を充てる。関水氏は新体制構築の趣旨を、諸課題に機動的に対応する組織構築と説明したうえで、海賊対策のほかIMOでの加盟国監査スキームの導入などを組織として注力すべき課題に挙げた。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP