日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2011年11月30日 お知らせ

IMO/事務局長に関水氏の任命を承認。

IMO/事務局長に関水氏の任命を承認。
国際海事機関(IMO)が、英国・ロンドンで開催した第27回総会で、関水康司氏(現海上安全部長)の次期事務局長(任期=2012年1月1日から4年間)への任命を正式に承認。承認を受け関水氏は同日発表した談話で、「国際的に海上安全に関する取り組みが始まるきっかけとなった『タイタニック号』の沈没事故から、来年でちょうど100年。IMOにとって最も根源的な課題である安全について、大局的な観点からあらためて検討を深める好機であると認識しており、将来を見据えた視野で議論をしていきたい」と抱負を表明。また、海賊問題については、ソマリア沖アデン湾での関係各国による護衛・哨戒活動の効果が表れていると評しつつ、「広域化の傾向をみせてきている海賊行為に対抗するには哨戒活動のより一層の連携強化などをはじめとして、関係諸国が一致協力しての協働が必要不可欠」と訴え、国連安全保障理事会などと協力した取り組みの推進に尽力するとした。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP