日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2016年10月13日 お知らせ

IMO/引き続きソマリア沖海賊への警戒を求める

IMO/引き続きソマリア沖海賊への警戒を求める
海賊事件は減少しているが、IMOのLim事務局長は商船関係者に対し、アデン湾及び西インド洋において警戒を継続し、防御手段をとり続けることを求めた。EU海軍を含む海軍連合はアタランタ作戦を2018年末まで継続することを決め、IMOは各国政府に対し、海賊と交渉しないよう求めている。インド洋に関する昨年のOcean Beyond Piracy(OBP)のレポートによれば、海軍のプレゼンスがなくなれば、海賊が再起するリスクが高い。OBPの試算では、2015年のソマリア海賊対策に関連する費用は14億ドルであると同時に、国際社会が主に海軍の派遣、警備員の乗船、航海速力の増加、航路の変更、海賊の訴追及び収監に要した費用は13億ドルであった。海軍による海賊対策の総コストは3.23億ドルで、2014年と比較し56%減少しており、これは派遣勢力の減少、現場派遣日数の減少、派遣勢力のタイプの変更、燃料費の低下によるものとされている。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP