日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2019年04月05日 お知らせ

ISWAN/船舶の拘留に伴う船員放棄に関する新たなガイドラインを発表

国際船員福祉支援ネットワーク(International Seafarer’s Welfare and Assistance Network)は、
国際海運会議所(International Chamber of Shipping)・国際運輸労連(International Transport Workers’ Federation)等と協力して、
4月5日「船舶の拘留に伴う船員放棄(Arrested and Detained Vessels and Abandoned Seafarers)」に関する新たなガイドラインを発表した。
新ガイドラインは港湾福祉委員会(port welfare committee)のメンバーや船員福祉機関が船舶が拘留され船員が放棄された場合の対処方法を再検討することを目的とし、
港湾停泊中の船舶で船員放棄が発生した場合の関係機関の責任関係を概説している。
新ガイドラインは英国商船船員福祉審議会(UK Merchant Navy Welfare Board)がもともと作成したガイダンスをベースに、
他国の船員福祉審議会が各国の事情に応じて変更が加えられるように配慮して作成されている。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP