日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2017年08月01日 お知らせ

UKMTO/バブ・エル・マンデフ海峡の保安ガイダンスを更新

UKMTO/バブ・エル・マンデフ海峡の保安ガイダンスを更新
英国海事貿易オペレーション(UKMTO)が、バブ・エル・マンデフ海峡とその周辺海域を航行する船舶に対する海上保安ガイダンスを更新。ガイダンスでは、最近同海峡で発生した小火器とロケットランチャーで武装した複数の小型ボートによる2件の攻撃事件について注意喚起を行っている。攻撃の手口としては、1隻以上の小型ボートが高速で攻撃対象となる船舶に接近し、ボートに爆薬を積んだ1隻以上の船が小火器やロケットランチャーを発砲し、対象船舶の船体を破壊するために爆薬を爆発させたが、2回の攻撃事件とも攻撃された船舶と離れた場所で爆薬が爆発したため意図された損傷を与えることができなかった。攻撃の手法が幼稚なので、昼間の方が攻撃を受ける確率が高いが、夜間の攻撃もないとは言えない。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP