日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2016年12月14日 お知らせ

USCG/保安上疑わしい事象等の報告に関するガイドラインを発出

USCG/保安上疑わしい事象等の報告に関するガイドラインを発出
米国沿岸警備隊(USCG)が、米国海事保安法で規制される船舶及び施設の管理者に対し、セキュリティ上疑わしい行為(SA)やセキュリティ侵害(BoS)の判別と報告に関するガイドラインとなる通達を発出。同通達においては、テロ攻撃はサイバー攻撃と物理的な攻撃を組み合わせて行われることを念頭に、規制区域への無許可立入や規制区域周辺での徘徊等不審行動、無人航空機による偵察等の物理的事象のほか、関連施設のコンピュータシステムを標的にしたネットワークへの侵入、大規模な不正アクセス等のサイバー攻撃をSAまたはBoSの事例として列挙し、これらの事象を認めた際は国家対応センター(NRC)及び現地USCGの港長に通報することを求めている。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP