日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2018年04月19日 お知らせ

USCG/国際安全管理(ISM)コードの執行に関するガイダンスを発表

米沿岸警備隊の商船法令執行部(Office of Commercial Vessel Compliance: CG-CVC)は、「米国籍船に関する国際安全管理(ISM)コードの解釈(CVC-W1-04)」と題する業務管理指示書(Mission Management System Work Instruction: MMSWI)を発表し、
米国籍船の安全管理システム(SMSs)の改善・執行・認証に関する旗国としての補足的なガイダンスを示した。
このガイダンスには、船上で非常事態が発生した際のリスクの評価や緊急対応計画の作成に関する規定も盛り込まれており、
既に発表されているMMSWIである「米国籍船の安全管理システムに対する沿岸警備隊による監督(CVC-W1-003)」とともにUSCGの適正な業務の執行のために活用される。
海運事業関係者や船級協会は、米国籍船のSMSsの改善・適用・認証を実施する際に、このガイダンスを活用して米国籍船の安全の強化を促進することが望まれる。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP