日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2017年02月24日 お知らせ

USCG/米海軍と共同で中南部太平洋での取締りを実施

USCG/米海軍と共同で中南部太平洋での取締りを実施
米国沿岸警備隊(USCG)と同国海軍は、太平洋中央部と南部で、18日間にわたって共同で国際的な違法行為・不法漁業を取り締まり、同海域の保安を強化するためのOceania Maritime Security Initiative作戦を終了した。太平洋戦術的法執行チームに属するUSCG第103法執行分隊は海軍のミサイル駆逐艦に乗り組み、ツバル、ナウル両国の不法漁業取締チームと協力して、16回、外国漁船を臨検して不法漁業の取り締まりを行ったが、そのうち5回は公海上で、11回はツバルとナウルのEEZ内で実施した。USCGと太平洋島嶼国臨検チームは、今回の演習以外でも定期的に島嶼国のEEZ内で海洋と海洋生物を保護するため定期的に臨検を実施している。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP