日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2017年02月07日 お知らせ

USCG/船員の雇用主に対し最低25%の船員に薬物検査を行うように要請

USCG/船員の雇用主に対し最低25%の船員に薬物検査を行うように要請
船員の雇用主は、米国においては法律(46CFR16.230)上、薬物検査計画を作成し、船舶検査証書の対象となる業務を担当する船員等に対して、ランダムな薬物検査を実施し、検査の記録を保存して、年に1回、管理情報制度報告書(Management Information System (MIS) Report)の一部として、米国沿岸警備隊(USCG)に提出しなくてはいけないが、このほどUSCGは2017年におけるランダム薬物検査の最低実施率を25%にすると発表。但し、2016年分として提出された情報に問題があり、または同年のランダム検査の結果として、薬物陽性者の比率が1%を超える場合には、USCGは2017年において25%以上ランダム検査をすることを雇用主に対して指示することができる。2016年に報告されたランダム検査による全体平均の薬物陽性比率は1%を下回った。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP