日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2015年03月01日 お知らせ

イタリア沿岸警備隊発表/ISIS対策で武装

イタリア沿岸警備隊発表/ISIS対策で武装
イタリア沿岸警備隊が、リビアのイスラム国への対策として警備隊員11,000名に武器携帯を許可すると発表。2週間前に同隊司令官は、戦闘ではなく人命救助が任務だとして隊員が武器を携帯することはないとしていたが、ローマを標的にするとのリビアのイスラム国からの脅迫、さらに2月15日に難民救助中の隊員が密航斡旋業者4名により銃で脅されたことを受けて今回の決定を下した。イタリアの船主連盟も政府に対し、地中海における海軍パトロールを要請。ランペドゥーザ島とリノーザ島の漁業者団体は緊急事態宣言を出すよう要請した。報道によると、イタリアはイラクにおける対ISISキャンペーンに1日50万ユーロ(約6,690万円)を、米国主導の連合軍への参加に月1,500万ユーロ(約20億円)を費やしている。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP