日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2006年03月21日 お知らせ

インドネシア沖で貨物船に海賊、日本人船長ら縛り強盗

インドネシア沖で貨物船に海賊、日本人船長ら縛り強盗
パナマ船籍の貨物船M号(7万9,855トン)が3月21日インドネシア沖で海賊に襲われた。貨物船は3月21日午前2時40分ごろ(現地時間)、ジャカルタの北200キロのゲラサ海峡で、小型船で近付いてきた海賊に襲われ、長刀で武装した6人が乗船。海賊は2等航海士ら3人の乗組員を縛り上げ、船長室に案内させ、船長も縛った後、現金約3,600ドル(約43万円)やトランシーバーなどを奪って逃走。船長らにけがはなかった。インドネシアなどにも捜査協力を求める方針とのこと

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP