日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2007年02月25日 お知らせ

ソマリア向け食料援助船、海賊が乗っ取り

ソマリア向け食料援助船、海賊が乗っ取り
AP通信などが伝えたところによると、アフリカ東部のソマリアに対する国連世界食糧計画(WFP)の食料援助船が同国東北部の沖合で海賊に襲われ、乗っ取られた。乗り組んでいたスリランカ人とケニア人計12名の船員の安否は不明。 同通信によると、WFPがチャーターした食料援助船は、東北部のプントランドなどに約1800トンの食料を運び、ケニアのモンバサ港に戻る途中に襲われた。WFPは、昨年から深刻な干ばつで食料危機に陥っているソマリアへの支援活動を続けていた。無政府状態が続くソマリアの沿岸では、武装した海賊による襲撃事件が頻発。国連の援助物資船も標的にされていた。しかし、陸上の輸送ルートは危険度が高く、海上輸送に頼らざるを得ない状態になっている。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP