日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2019年10月31日 お知らせ

バグダディ容疑者の死亡認める=後継者指名、報復誓う-IS

過激派組織「イスラム国」(IS)が、系列メディアを通じ音声声明を発表し、最高指導者バグダディ容疑者が死亡したことを認めた。ISは同時に、後継指導者にアブイブラヒム・ハシミ氏を指名したと明らかにした。
ISは声明で「新しい指導者への忠誠」を誓うようイスラム教徒に呼び掛けた。さらに、米国に対し「喜びすぎるな。新指導者はバグダディの時代が甘く思えるような恐怖を与える」と報復を警告した。
米軍特殊部隊は26日、シリア北西部イドリブ県でバグダディ容疑者の潜伏先を急襲。トランプ米大統領は27日、バグダディ容疑者が追い詰められた末に自爆したと表明していた。ISの声明は、同容疑者の側近の一人とされ、同時期にシリア北部ジャラブルス近郊で殺害されたと伝えられたIS広報担当官の死亡も確認した。
ISには、バグダディ容疑者の死亡をあえて認め、後継指導者を発表することで、求心力を失いつつある組織を立て直す狙いもあるとみられる。ハシミ氏については、預言者ムハンマドと同じ部族の「クライシュ族」の出身であることを示唆し、カリフ(預言者ムハンマドの後継者)としての正統性を主張したが、信ぴょう性や詳細な身元は不明

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP