日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2017年12月11日 お知らせ

ロシア/在シリアの海軍基地を強化

ロシア議会は在シリア露海軍の補給基地を本格的な海軍基地に拡張する協定の審議を開始した。
シリア西部のタルトゥスにある露海軍補給基地に2本の埠頭を拡張することで、同時に11隻の艦船が着岸可能になるほか原子力艦船への施設も作られる予定である。
ロシア議員によれば、基地の機能強化により、ロシア海軍はテロ抑止を目的に地中海に常駐するようになるという。
複数の西側専門家はタルトゥス基地拡張の主な目的について、米国が支援する反政府組織と闘うアサド政権を支援することにあると指摘している。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP