日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2017年11月08日 お知らせ

中比/海上プロトコルの作成に合意

フィリピンのロレンザナ国防相は、中国との間で緊張の続く南シナ海における「判断ミス」を避けるための海上プロトコルの作成に合意したと明らかにした。8月にフィリピンがスプラトリー諸島のティトゥ島沖の砂洲に仮設の避難所を建設しようとしたところ、中国がこれに反対し複数の艦艇を差し向けている。
中国は2012年以降スプラトリー諸島において人工島の建設を進めており、フィリピンなど領有権を主張する国々との緊張が高まっており、
フィリピン海軍と中国海警局とのにらみ合いがしばしば起きている。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP