日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2011年03月05日 お知らせ

商船三井タンカー/オマーン東方沖、海賊襲撃受ける。乗組員は全員無事

商船三井タンカー/オマーン東方沖、海賊襲撃受ける。乗組員は全員無事
日本時間の5日午後10時(現地時間同日午後5時)ごろ、インド洋オマーン東方沖で商船三井運航のアフラマックスタンカー「GUANABARA」(57,462総トン、バハマ籍)が海賊の襲撃を受けた。乗組員が船内の避難所に避難していたところ、米国、トルコ両国海軍が海賊を制圧し、乗組員24名 (フィリピン人18名、クロアチア人2名、モンテネグロ人2名及びルーマニア人2名)はcitadel(船内の避難所)に逃げ込み救難信号を発信。翌日、海軍が船に乗り込み海賊容疑者4名を逮捕。乗組員は全員無事でタンカーは航行を再開。同船はウクライナ・ケルチ港で重油を積み、中国・舟山港に向け航行中だった。油流出はなく、事件後は安全な海域に向けて航行を継続した。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP