日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2010年10月25日 お知らせ

国交省発表/外国人船員試験、64人全員合格

国交省発表/外国人船員試験、64人全員合格
国土交通省が、2010年度4回目となる外国人船員承認試験の結果を発表。9月27日から10月2日にかけてブルガリアのバルナ市で行われた試験に64人が受験し、全員が合格。合格率は100%。合格者数の資格別内訳は、船長12人、一等航海士8人、二等航海士10人、機関長13人、一等機関士14人、二等機関士7人。国籍別では、クロアチア12人、ルーマニア22人、ブルガリア29人、モンテネグロ1人。外国人船員承認試験は1999年度から実施され、これまで4,033人が受験。合格者は3,718人、合格率92・2%。外国人船員の承認制度は日本籍船増加に向けたコスト削減の後押しなどを狙いに簡素化を目指している。国交省海事局は成長戦略船員資格検討会を開催するなど検討を進めている。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP