日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2015年05月15日 お知らせ

政府/安保法制を国会提出。海上警備行動発令 電話閣議も導入

政府/安保法制を国会提出。海上警備行動発令 電話閣議も導入
政府が、集団的自衛権の行使などを盛り込んだ安全保障法制の関連法案を国会に提出。集団的自衛権の範疇(はんちゅう)の活動として、中東からの原油輸送の要衝となるホルムズ海峡が機雷封鎖された際の掃海が具体例として示されている。今後の国会では、これら想定事態の扱いなどについても論戦が行われる見込み。政府では同法制の閣議決定に伴い、公海上での民間船舶への侵害行為に自衛隊が迅速に対応できるよう、治安出動や海上警備行動を電話閣議によって発令できる仕組みの導入も決めた。安倍晋三首相は14日に記者会見し、集団的自衛権の行使の必要性について解説。一方で、既存法で行ってきた国際貢献の例としてペルシャ湾の機雷掃海を挙げ、自衛隊を主体とした国際協力活動が世界的に評価を得ていることを強調した。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP