日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2015年05月15日 お知らせ

海保庁/比・越と連携訓練。巡視船「やしま」派遣

海保庁/比・越と連携訓練。巡視船「やしま」派遣
海上保安庁が15日までに、巡視船「やしま」をフィリピン、ベトナムに派遣し、両国の海上保安機関と連携訓練を実施。6日にはフィリピン・マニラ港沖で、同国沿岸警備隊と海賊など海上犯罪容疑船を想定した立ち入り検査、被疑者確保、負傷者吊り上げ救助などを訓練。日本側から同船と同船搭載のヘリコプター1機、比側から巡視船艇4隻、ヘリコプター1機が参加。前日の5日には第11回アジア海上保安機関長官級会合も開かれており、同会合の参加者が訓練を視察。14日にはベトナム・ダナン港沖でベトナム海上警察との訓練を実施。同国海上警察の巡視船艇2隻を交え、海賊や海難への対応の際の連携訓練などを行った。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP