日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2009年04月23日 お知らせ

海賊対処法案:衆議院で可決、参議院へ送付

海賊対処法案:衆議院で可決、参議院へ送付
海賊対処法案が衆議院本会議で賛成多数で可決。先立って行われた海賊対処・テロ防止特別委員会で民主党が修正案を提出したが、原案どおり可決。これを特別委員長が本会議に報告。衆議院を通過し、参議院の議論に移る。本会議では、海賊対処・テロ防止特別委員会委員長が、同法案の骨子について、①海賊行為の定義②海賊行為をしたものに対する処罰③海賊行為への対処として海上保安庁が必要な措置を実施し、海上保安官などは警察官職務執行法に基づく武器使用、他の船舶への著しい接近など海賊行為を静止し停船させるための武器使用を認める④防衛大臣は海賊行為に対処するため特別の必要がある場合は内閣総理大臣の承認を得て海賊対処行動を命じることが出来る―などと説明。討論では、「自衛隊派遣ありきの法案に反対」(民主党)などの発言があったが、委員長報告のとおり可決した。午前中の特別委員会では民主党・無所属クラブが修正案を提出したが、賛成少数。原案が賛成多数で可決。修正案は、「自衛隊部隊が実施する海賊対処措置は総理大臣が対処開始前に国会の承認を得るものとすること」「政府は速やかに海上保安庁が海賊行為に適切かつ効果的に対処するために必要な船舶など装備の充実その他の海上保安庁の体制整備の方針について検討を加えてその結果に基づいて必要な措置を講じるものとする」ことなどを内容とした。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP