日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2009年01月21日 お知らせ

財務省発表/カナダとCSI、28日から開始

財務省発表/カナダとCSI、28日から開始
財務省関税局は21日、カナダとの海上コンテナ安全対策(CSI)を28日(日本時間)から開始すると発表。日本4港(東京、横浜、名古屋、神戸)、カナダ・バンクーバーの計5港から、それぞれ相手国向けに輸送される海上コンテナ貨物を対象とする。CSIの実施は、米国に続いて2番目。昨年6月、カナダ国境業務庁との間で締結したCSI相互実施の覚書に基づく措置。職員の相互派遣による情報収集に加え、危険度の高いコンテナ貨物を特定したうえで大型エックス線装置を活用して検査を行う。米国とは、日本4港、ロサンゼルス・ロングビーチ港を対象に2003年から実施している。カナダとのCSI実施について財務省は、「日本-北米間の海上貨物輸送全体の安全強化と円滑化につながる」としている。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP