日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2007年07月18日 お知らせ

駐留米軍発表/イラクのアルカイダ勢力幹部を拘束

駐留米軍発表/イラクのアルカイダ勢力幹部を拘束
イラク駐留米軍はイラク国内のアルカイダ勢力の幹部で、アルカイダ上層部とつながりを持っているとみられる男を拘束したと発表。米軍によると、「アブ・シャヘド」ことカリド・マシャダニ容疑者は4日、北部モスルで拘束され、イラク多国籍軍の施設に拘置。同容疑者は取り調べで、イラク国内のアルカイダの活動や、国外のアルカイダとのつながりについて供述。また、アルカイダが参加しているイラクの武装集団で、多数のテロ事件に関与している「イラク・イスラム国家」について、イラク人ではなく外国人が運営していることを明らかにしたとされる。マシャダニ容疑者は、イラク国内のアルカイダ指導者アブ・アユブ・マスリ容疑者の側近。アルカイダの頂点に立つオサマ・ビンラディン容疑者やナンバー2のザワヒリ容疑者とマスリ容疑者を結ぶ連絡役。アルカイダに加わった2年半前までは、別の武装組織アンサール・スンナに所属。米テロ対策当局者はCNNに対し、マシャダニ容疑者が攻撃要員の採用や、プロパガンダ活動をはじめとする計画策定に関与していたと述べた。拘束情報の発表が遅れたのは、同容疑者の取り調べで情報を最大限に引き出したいとの捜査当局の意向があったという。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP