日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2017年12月29日 お知らせ

韓国/北朝鮮制裁違反の中国籍タンカーを拘束

韓国当局が、北朝鮮に対する国連安保理制裁決議に違反して瀬取りにより北朝鮮に油を供給したとして、中国籍製品タンカーLighthouse Winmoreを拘束したと明らかにした。台湾の企業が運航するWinmore号は、14,000トンの石油製品を積んで韓国の麗水を10月15日に台湾向け出港したが、韓国政府当局者によればその途上、
10月19日に北朝鮮籍船に600トンを供給したことを含め、公海上で4回の瀬取りを行ったとされる。
韓国税関は11月24日にWinmore号が麗水に寄港した際に臨検を行い、北朝鮮制裁に違反した船舶の拿捕を求める新たな国連決議採択後の11月下旬にWinmore号を正式に拿捕した。
Winmore号の乗員25人は中国人である。また米国税関当局は最近、北朝鮮が公海上での瀬取りにより制裁を回避していることを示す画像を明らかにした。
画像では、北朝鮮籍製品タンカーが船名不詳のタンカーと横付けしている場面が写されている。
韓国の報道によれば韓国政府は、10月以降中国船が少なくとも30回北朝鮮籍船に油を供給したと確信していると伝えている。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP